中医学:小青竜湯

 風邪の処方としても有名ですが、アレルギー鼻炎、気管支喘息など幅広く用いられる小青竜湯です。

 一般的に小青竜湯はとめどない鼻水やくしゃみに悩まされる鼻炎、水っぽい痰を伴った咳やゼイゼイと喘鳴が伴う咳がでる気管支喘息などに用いられます。使用の目標は単純には、発熱、悪寒などの表証に加え、鼻水(さらさらとした)、痰の絡む咳です。

 小青竜湯は太陽病の中で本来水の停滞がある病態を意識した処方です。心下に水がたまり、食後時間が経過してもぽちゃぽちゃと胃部から音がする証です。この胃内の水が胃気の正常な下降を妨げ、胃気が上逆して嘔気を生じます。水邪が肺を侵すと、肺の宣発粛降という生理作用が失調し、咳嗽が生じます。水飲が停滞し、上焦に水が昇らず口渇を生じることがありますが、それほど水は飲みたがりません。

構成生薬は8味。
・麻黄 3.0g
・桂枝 3.0g
・甘草 3.0g
・芍薬 3.0g
・五味子 3.0g
・細辛 3.0g
・乾姜 3.0g
・半夏 6.0g

 小青竜湯は麻黄湯から杏仁を抜き、乾姜・細辛・五味子・白芍薬・半夏を加えた方剤です。

 大青竜湯とともに、小青竜湯は表裏双解の処方です。麻黄湯をベースに解表を行い、大青竜湯は石膏で裏熱を、小青竜湯は乾姜・五味子・細辛・半夏は裏の寒飲を除去します。熱をとるか、水をとるかの違いです。

 過剰な水の停滞が目立ちますが、麻黄・細辛の組み合わせは麻黄附子細辛湯のような寒が強い陰性症状を思わせます。麻黄附子細辛湯は小陰証の処方ですが、太陽病と小陰病は表裏の関係があるためこのような表裏両感証は臨床的にはよく起こりえます。小陰病は裏の虚寒証なので無熱で悪寒、四逆(手足)が完全に冷え切っている状態です。頭痛、咳、鼻水、発熱があり加えて悪寒が強く四肢の冷え、脈が浮ではなく沈であれば麻黄附子細辛湯の適応です。また、乾いた咳や粘脹な痰をだす者は肺熱証であり、水を動かし、温める小青竜湯は禁忌です。

 小青竜湯を服用後口渇を覚えて水を飲みたがるようであれば寒飲、心下の水気が除かれて胃の陽気が回復し、水分代謝が回復した証拠です。少量飲むのは構いませんが、本来水湿をため込みやすいため飲み過ぎないようにする必要があります。