中医学:葛根湯

 日本で一番有名な漢方薬です。

 出典は傷寒論、太陽病表実証の処方です。首から背中にかけての項背がこる病態で実証なら葛根湯、虚証なら桂枝加葛根湯となります。この2方剤は葛根が主薬になることは同じですが、葛根湯には麻黄が加わり、より実証よりとなっています。

太陽病中風証 桂枝湯 桂枝・芍薬・生姜・大棗・甘草
        ↑↓
       桂枝加葛根湯 桂枝湯に加えて葛根
        ↑↓    (葛根湯証のようで自汗や脈緩なとき)
太陽病表実証 葛根湯 桂枝湯に加えて葛根と麻黄

 葛根湯の使用目標は悪寒・発熱・無汗・頭痛・項部硬直です。

 葛根湯は風邪の初期症状への治療として有名ですが、肩こりにも応用されます。風邪薬の葛根湯がなぜ肩こりに?新人薬剤師としてはなんとなくやりすごしてしまいますが、ここが葛根湯の妙技です。ちなみにこの肩こりは後頭部より項部、肩甲骨部、さらに腰辺りのこわばりです。「借金で首が回らない」というような肩こりは葛根湯の適応よりむしろ柴胡剤を使います。この背部のこわばりは外邪が体内に入り込み、それを衛気が体表に集まることによって起きます。衛気は外邪との闘争で気、熱、津液が表層に集まりますがそれが裏に循環出来ず、体節痛、凝り感、腫脹感が現れます。

 葛根は表層にたまった気を効率よく発散させ邪を払う解表退熱の効果を持ちます。軽度の発汗作用で鬱熱を発散させ、生津により筋を緩めるため、筋肉のこわばりに効果的です。

 葛根湯に組み込まれた桂枝湯は陰陽のバランスを整え正気の流れを作ります。桂枝が腎からの陽気を表層に引き上げ、芍薬で表層から内向きへの流れを作り深部から表層への流れを作ります。また生姜も脾気を補充して外向きへの巡りを助け、甘草と大棗も正気の補充を補強します。これに麻黄もまた脾によって増幅された正気を表層に導き、さらにその正気を肺の領域である体表に広げます。これらの配合から葛根湯の位置づけはこのようになります。
表位における病象に対して、正気を誘導する
正気の誘導を手段として、津液や血を表位に運ぶ
表位に停留する津液や血を裏に回収する

 これらから感冒の初期に用いられるイメージですが、感冒に限らず表層に鬱滞した外邪を体内の正気を導き出すことで追い払う方剤です。そのため、皮膚疾患、関節炎、鼻炎、喘息、気管支炎など様々な適応が考えられます。また、全体に温性に偏る方剤ではありますが、涼性の芍薬とやや涼性の葛根が加わるので麻黄湯に比べ温めすぎず応用範囲が広くなります。「葛根湯医」というなんでも葛根湯を処方する藪医者の話がありますが、あながちでたらめでもなくこのように葛根湯は幅広い適応を物処方です。加えて、寒熱に大きく偏らず、正気の流れを整える効果がある葛根湯は誤治を起こしにくいところも使いやすく、広く知られるようになりました。