中医学:逍遙散

 日本で更年期障害の治療と言えば“加味逍遙散”。”加味”とは基の処方にアレンジを加えて適応の対象を少し変えたということです。今回は加味逍遙散の基になった逍遙散についてお話しします。

 “逍遙”とはあまり聞き慣れない言葉です。国語辞典によると”気ままにあちこちを歩き回ること。そぞろ歩き。散歩”となっています。逍遙散は更年期障害のような不定愁訴のような様々な訴えがつぎつぎと現れる状態を“症状があちこち歩き回るようにでる”という意味でつけられた、と言う説が1つ。また、肝病を治療する逍遙散が肝本来の自由でのびのびした特性を取り戻す効果があるため、と言われています。

 逍遙散の効能は疏肝解鬱・健脾補血・調経、適応症は肝気鬱結・血虚・脾虚です。構成生薬は以下のようになります。
・柴胡 6g
・白芍 9g
・当帰 9g
・白朮 9g
・茯苓 9g
・生姜 3g
・炙甘草 3g
・薄荷 2g

 ベースは四逆散の変方と言われていますが、四逆散とは大きな違いがあります。四逆散の適応は肝気鬱結・肝脾不和です。四逆散は何らかの肝の不調により肝胆の気血が鬱結することで脾胃の機能に影響を与える“木旺克土”、つまり肝が強すぎて脾を痛めている状態です。それと比較し逍遙散は“木不疏土”、肝脾両虚です。

 逍遙散の適応となる病態は肝鬱という情緒的な不安定感がありますが、それがすぐに「火」となって爆発するようなことはありません。「思うようにいかない」「言いたいことがいえない」などの精神的な不満が多く現れます。逍遙散の適応では、肝鬱とともに肝血虚がセットとして存在します。肝が蔵する血が虚することで肝の機能がうまくいかず、疏節機能が低下し気鬱となります。この肝血虚の原因は3つあると言われ、1つめは元々の体質であり、2つめは肝鬱によって肝血が消耗された結果、3つめは肝鬱が脾を克し、脾の気血を生み出す機能が低下した結果です。

 つまり逍遙散が適応となる病態は肝鬱・脾虚・血虚の3つ巴であり、それぞれがそれぞれの機能低下の原因となる“卵か鶏か”の状態です。
・肝血虚→血が肝を栄養できず疏節機能の低下→肝鬱
・肝鬱→肝鬱が横逆して脾胃を犯す→脾虚
・脾虚→清潔機能の低下→肝血虚

 構成生薬も大きく分けて3つに分かれます。肝血虚の治療と肝鬱の治療、脾虚の治療薬です。

 まず肝血虚の治療として当帰と白芍が用いられています。どちらも比較的脾に大きな負担をかけにくい生薬です。白芍の滋潤効果は柴胡の強い燥性を押さえるために柴胡剤には欠かせません。また肝鬱によって乱れがちな生理周期を整えるために当帰の調経作用が効果を発揮します。

 次に肝鬱を治療する主薬である柴胡と薄荷です。どちらも涼性で気滞による火を加熱しないようにします。どちらも多量用いると解表剤となるため量には注意が必要です。

 脾虚の治療には白朮・茯苓・生姜が用いられます。白朮で健脾燥湿、茯苓で健脾安神、生姜で胃を温め水を散らします。甘草もまた脾気の増量を手助けします。

 以上のことから逍遙散の適合する症状はこのようになります。
・胸部の痛み、または張り
・精神的に元気がない、落ち込みやすい
・食欲不振
・生理不順
加えて以下の症状もよく見られます。
・乳房の張り
・頭痛
・眩暈
・口やのどの乾燥
・便秘

 よく保険調剤で使用される加味逍遙散はこの逍遙散に牡丹皮と山梔子を加えています。牡丹皮は涼血活血に働き、山梔子は清熱効果を持ちます。そのため更年期障害のようなほてりなど熱を持った症状に応用されます。

 他にも血虚が顕著な逍遙散に地黄を加え、黒逍遙散とすることがあります。熱証なら清熱作用の生地黄、寒証なら熟地黄を用います。ただ、脾の力が弱く、食欲が低下している場合は熟地黄は負担が大きくなるので避けます。