腎病の病機

 天体で言えば腎の存在は深い海のような、未だ底知れない命の根源です。
 中医学において腎は人体の真陰真陽を生み出し、精を貯蔵し、水液代謝をコントロールし、気を納め、骨を作る基となり、脳を滋養し、聴覚と大小便の生理機能を統轄します。腎の陰陽気血が失調すると、腎の臓精機能や水分代謝をつかさどる力に影響が現れます。臓精機能の失調は成長発育に影響を与えたり、生殖機能の低下を招きます。また、水液代謝の不良でむくみや冷え、尿のトラブルなどが現れやすくなります。傷寒論の著者である張仲景は「五臓の陰を滋養するのは、腎陰をおいて他にはない」「五臓の陽を発揚するのは、腎陽をおいて他にはない」と述べています。全身の陰陽の調和にはその基である腎陰腎陽の強調が最も重要であると言われています。腎の病機は、主として腎の清気不足、腎の陰陽失調、いずれも虚として現れます。

sakikochanさんによる写真ACからの写真 

腎の清気不足
 腎の清気不足には、腎精不足と腎気不固があります。

腎精不足
 腎精不足が起きる原因は先天的な精の不足、栄養の吸収不良などによる後天失養、高齢や慢性疾患、房事過多(過度な性生活)による消耗などがあります。
 腎精が不足すると発育不足、性機能への障害、老化が早まるなど年代によって様々な病理的変化が現れます。乳幼児期で骨の発育に影響がでると身長が伸びない、骨が折れやすい、腎精が脳を滋養するため物覚えが悪いなどが起きることがあります。思春期では男性はひげが薄い、声変わりが起きない、女性では初潮が遅れる、乳房の発育不良が現れます。壮年期では性機能に影響し不妊や生理不順、インポテンツなどがおこります。中年期以降では老化が早まり、腰膝の弱軟化、難聴、老眼、歩行不良、物忘れが多くなる、認知症などの症状が現れます。
 腎精は生命の根源になるエネルギーのエッセンスです。この腎精を補うには身近な方剤としては滋陰補腎の六味丸や温補腎陽の八味丸です。それでも不十分なときはより補益の力が強い動物性生薬を含むものがよいでしょう。補陰には亀板膠を含む左帰丸、補陽には鹿角膠の含まれる右帰丸です。日本の製薬会社でもいくつか似た方意の製剤が販売されています。

腎気不固
 腎には体の奥に大切なものを貯蔵する性質があります。この性質を固摂作用と言います。腎気の不足によりこの固摂機能が低下する病理的な状態を腎気不固と呼びます。
 原因は幼年期の清気の充足不足、老年期における清気の衰退、房事の不摂生や慢性病による腎気の消耗です。
 腎気不固は腎の封蔵機能の失調と、二便の固摂の失調として現れます。封蔵機能が低下すると腎中の清気が流失しやすくなり、男性では遺精が、女性では滑胎(流産や続くこと)が起きやすくなります。二便に対する固摂の低下は大便失禁や遺尿などが起きます。
 治療には寒熱の様子を見ながら八味丸もしくは六味丸などの腎気丸を用いながら、調補陰陽・収斂固渋の桂枝加竜骨牡蠣湯を用いることができます。

腎の陰陽失調
 腎陰と腎陽の失調は全て虚証として現れます。

腎陰虚
 腎陰虚になる成因は、房事過多による真陰の損傷、邪熱や五志化火(喜・怒・憂・思・悲)による傷陰、慢性病による腎陰の消耗や、他臓の陰虚の波及、陰虚の体質的素因などです。
 腎陰の不足は腎陽の相対的な亢進を意味し、陰虚内熱や陰虚火旺などの病理的な状態が現れます。腎陰不足により身体の痩せ、腰膝の軟弱化がおこったり、相火の亢盛による五心煩熱(手足の熱感と心煩)、または骨蒸潮熱(一定の時間に内側から突き出るような熱気を感じること)、のぼせ、盗汗(寝汗)などがおこります。
 補腎陰には滋陰補腎の六味丸が基本であり、有効です。腎精不足同様、症状が重篤や治療に急を要するときには動物生薬を用いた左帰丸、もしくは左帰丸に含まれる亀板膠を用いた方剤は効果が早く、強く出ます。

腎陽虚
 腎陽虚の成因は心脾陽虚など他臓の陽虚の波及、房事過多、寒涼な薬剤の長期服用や慢性病による消耗、陽虚の体質素因、老化による腎陽虚衰などです。
 腎陽は全身の陽虚の基であるため、腎陽が不足すると全身の陽気に波及し、寒象が現れます。温煦機能が低下するため、体の冷え、寒がりなどがおきます。命門の火が衰弱すると男性では遺精・陽萎(インポテンツ)、女性では不妊症がおこります。腎陽が衰弱すると水液代謝が悪くなり、小便不利(排尿障害)、遺尿、浮腫がおきます。また腎陽が脾を温煦出来なくなると脾の運化機能が低下して五更泄瀉(夜明け前の下痢)などがおこります。
 腎陽虚の治療も代表方剤として温補腎陽の八味地黄丸があります。症状が重ければ動物性生薬を用いた右帰丸、もしくは右帰丸のベースとなる鹿角膠が組み込まれた方剤がよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です