中医学:随機制宜

やっと梅雨も明けて、夏らしくなりました。ちょうどこの蒸し暑い頃、昨年の夏に長春に研修旅行に行ってきました。

そのとき、ちょっと印象に残ったのですが中国では夏は”冬病夏治”と言って、夏の陽気を利用して冬の病気を治すような治療をするようですね。この暑い時期に、さらにお灸をうったり、生薬で作った蒸し布団(?)のようなもので体を温めたり。今日はそんな季節や場所による治療法の違いの話です。

少し難しい言葉ですが、”随機制宜(ずいきせいぎ)”という用語があります。臨機応変に対応する、という意味です。中医学では私たちの体は自然の一部と捉えられます。そのため、季節や地理環境、社会環境など様々な要因に影響を受けずにはいられません。時を見て、場所を見て、人を見て、治療の方法を細かく変化させていく必要がある、ということです。

まず”因時制宜”。これは時、つまり季節や気候をの変化に注意して治療を行う、ということです。まさに冒頭で話した冬病夏治はこの考え方を元にしています。

一般的には春夏は陽気に満ちあふれ、温暖なため血液はなめらかに流れ、皮膚表面に気血が向かい腠理は緩みます。そのため、汗が出やすく、尿が少なくなります。

また秋冬は逆に陰の気が勝り、寒冷な気候のため血液は滞り、気血は体表を巡らず、皮膚は緻密になります。そのため発汗はなく、その代わりに尿が多くなります。

そのため、治療では春夏は発散させすぎないように、秋冬は陽気を損なわないようにしなくてはなりません。春夏の風邪では葛根湯や麻黄湯のような強い発散系の薬は注意が必要であり、特に陰液の消耗に気をつけなくてはいけません。

次いで、”因地制宜”。その土地に応じて、治療法を考えるということです。風邪の例を再びあげると、北部では辛温発散薬を用いることが多く、南部では辛涼発散薬を用いることが多くなります。また、燥性の強い中国で発展した中医学は湿の多い日本ではそのまま応用できない部分もあり、例えば柴胡剤のような燥性が強い生薬は日本では多用されますが、あまり中国では活躍の場がないようです。

そして、”因人制宜”です。これはその人によって、治療を変えると言うことです。その人の年齢、性別、体質、生活習慣、社会環境、心理状態など様々なことを考慮して治療に当たります。当たり前のことのようですが・・・例えば、小児ならば胃腸が未熟なため正気が強く損なわれるような方剤は注意が必要ですし、妊婦であれば熱を持ちがちなので温めすぎるのはいけません。また、痩せている人は陰が虚して虚火を持ちやすく、太った人は逆に湿をためて、痰湿を生じやすくなります。また、中国の人は胃腸が全体に強く、日本人は弱いなどの傾向があるようです(食の影響もあるかもしれませんが・・・)。

少し話は変わりますが、汗とはなんのために流れるでしょうか?水分過多、というケースもあるかもしれませんが、ほとんどの場合熱を発散するために陽気(病的な)とともに津液が流れることで熱を逃がすためです。この季節になると最近では熱中症対策としてメディアでも水分と塩分の摂取が呼びかけられていますが・・・少し疑問です。

確かに発汗量が多い人が水分を摂取するのは構わないと感じますが、現実的にはオフィスワークでほとんど汗をかかないような人も多いのではないでしょうか?私たちの体は長さ9メートルの消化器官を持ちます。この消化器官は胃液や唾液、膵液などさまざまな水分で常にびしょ濡れです。そこにむやみやたらに水分を加えると、消化液が薄まり消化力が下がり、胃腸の負担が増えることになります。特にこの時期の大量の冷飲食は本当に体にいいのでしょうか。

また、水分だけとって冷房を効かせた部屋で汗をかかないこともまた問題です。先ほど寒さで皮膚表面は緻密になる、と言いましたが、冷房で皮膚表面に気血が行き渡らなくなれば、当然発汗はありません。しかし、体の中には熱がこもったまま、逃げ場がなくなることがあります。室内での熱中症はこのような方が多いように思います。やはり適度にその季節らしい生活をすることも大切です。

当たり前のようで、この時、場所、人を意識することは治療に当たって本当に大切です。結論を急ぎがちな現代人ですが、誰でも当てはまるように聞こえるアドバイスにはいったん足を止めて考えてみた方がいいこともあるかもしれません。

中医学:五味調和

五行学説は中医学の基本です。五行学説とは木火土金水という5つの要素に当てはめ、それぞれが協調し合い、場合によっては牽制し合って自然の仕組みが成り立っていると捉える考え方です。

そして中医学ではこの五行学説を人の体にも当てはめ、5つの要素、木火土金水を肝心脾肺腎と捉えて同様にそれぞれが影響しあいながら成り立つとして様々な病気の治療を展開します。

f:id:byakugodo:20190730230158j:plain

中医学では味も同様に5つに分類し、それぞれの味が肝心脾肺腎の臓腑に与える影響をとても大切にしています。これが薬膳のベースの考え方となります。

医食同源”との言葉があります。これは食は治療の基本であり、食を切り離した治療などありえないという考えです。だからこそ本場中国では食べることを大切にし、薬膳の考えは生活に密着しているため、日頃の食事でもたくさんの生薬を用います。

今日はこの薬膳の基本となる考え“五味調和”についてお話しします。

五味調和は五行学説を元に、味を5つに分類し、同じような味を持つ食品は同じような効能をもち、それぞれの味がバランスを保つことで人の健康を作り上げると考えたものです。その5つの味とは酸味、苦味、甘味、辛味、鹹味(塩味)です。

この五味はそれぞれ食することで守る臓器があります。その対応がこのようになります。

  • 酸味→肝
  • 苦味→心
  • 甘味→脾
  • 辛味→肺
  • 鹹味→腎

酸味のあるものを食べると肝が元気になる、苦味のあるものを食べると心が元気になる、ということです。

例えば苦味のある食べ物ゴーヤは夏が旬ですね。このゴーヤのような食べ物は余分な熱をとるため、熱しやすく、また暑さに弱い心を元気にしてくれます。また、秋に旬のさつまいもや栗など、自然の甘みは脾を労わり、消化の力を助けてくれます。まさに食欲の秋ですね。

一つ一つの味を少し詳しく見ていきましょう。

まず肝を保護する“酸味”。酸味の特徴は主に3つ;収斂固渋、生津と安蛔です。

収斂固渋は体から漏れ出るものを押さえる、引き締める効果です。発汗や下痢、出血などの病的な浸出液の流出を止める作用です。そして生津は津液を生み出すこと。津液不足の陰虚証に用いられます。最後に、安蛔は蛔虫の動きを止める作用です。酸味は駆虫薬として用いられることがあります。”能く収め、能く生じる”という酸味の作用は津液などの体に必要なものだけではなく、邪気に対しても働きます(恋邪)。そのため実邪の証には注意が必要です。

次は心を保護する“苦み”について。苦みは燥湿、泄降と開胃です。

燥湿作用は湿をよく乾燥させる作用です。泄降は下に下ろして排泄するという意味。上昇に上った熱を引き下ろす、上逆した気を引き下ろす、停滞した大便を排泄する作用などです。また少量の苦みは胃の働きを高めます。苦みの特性は”能く燥し、能く降ろす”と言われます。燥性が強いので陰虚証など乾いた状態には注意して用いなくてはいけません。

続いて、脾を保護する”甘味”です。甘味は滋補、緩和と潤燥作用を持ちます。

甘味は気を補い、血を滋養します。そのため補気補血薬は大抵甘い飲みやすい味となります。甘味はゆるめる作用があります。安心作用のように気持ちを緩めたり、緩気止痛作用のように痛みを緩めたり。また甘草に代表されるように諸薬の調和を務めます。また、苦みと逆で乾燥を潤す作用があります。甘味は”能く補い、能く緩め、能く潤す”と言われています。この潤す作用は膩性といわれ、湿気を助長し脾胃の機能を損害しやすいため、湿証には注意が必要です。

次いで、肺を保護する”辛味”。辛味は発散作用と行気作用を持ちます。

発散作用は風邪薬によく用いられる肌表にとりついた外邪を発汗などで取り除くことです。行気作用は気を巡らせる、そして間接的に血も巡らせる効果があります。一部の薬剤(麝香など)は芳香性が強く、邪を除き心神を安定させる開竅作があります。辛味は”能く散じ、能く巡らす”と言われますが、行気、活血は気血を消耗しやすいので注意が必要です。

そして最後に、腎を保護する”鹹味”。聞き慣れない言葉ですが鹹味とは塩味。といっても塩辛ければいいわけではなく、ミネラル豊富な天然塩のことです。鹹味の作用は軟堅、導下、補腎です。

軟堅作用は堅くなったものを柔らかくする作用です。例えばしつこい便秘や堅い瘀血を柔らかくして流し出します。導下作用は下に降ろす作用で、大便の瀉下作用や平肝熄風薬(肝陽を下に降ろす)ことができます。補腎作用は腎陽腎精を補う作用です。鹹味は”能く軟らかくし、能く下ろす”と言われます。

またこの五味は引経の役割も果たすことがあります。例えば六味丸のように腎に働かせたい薬を飲むときは塩水で鹹味を聞かせて飲んでいたとか。

この飲み方も現代ではあまり勧められないようです。それもそのはず、塩水で薬を服用などしたら塩分のとりすぎで血圧が心配ですよね。一般に塩、というと精製された塩分、いわゆるNaClのみの物質のことですが、ミネラルとはその吸収、体内での働きに関して他のミネラルとの関わりをとても大切にします。例えば一方のミネラルが多すぎると他のミネラルが吸収されない、もしくは排泄が多くなってしまうとか。中医学で言う鹹味はにがりなど、いろいろなミネラル分が多く含まれた自然塩です。小さなことですが、塩分もおざなりに選ばずやはり天然由来のものが体に優しいようです。

このように、五味にはそれぞれ特徴があり、そしてそれぞれ対応する臓腑を初めとする体の働きに寄与すると中医学では考えています。

では、どこかが悪ければ、その場所を守るある特定の味ばかり食べていればいいか?というともちろんそんなわけではありません。

五行の表を見ていただくとわかるように、とりすぎると悪い影響を与えてしまう味と臓腑もあります。

  • 酸味⇨脾
  • 苦味⇨肺
  • 甘味⇨腎
  • 辛味⇨肝
  • 鹹味⇨心

これは例えば酸味のあるものをとりすぎると脾を痛める、苦味のあるものをとりすぎると肺を痛める、という関係です。具体的には鹹味である塩分をとりすぎると高血圧となり心に負担をかけますし、辛味であるアルコールをとりすぎると、肝の働きを押さえ込んでしまいます。

五行学説の相克の関係と同じですね。

バランスのよい食事、というと野菜や肉の量や、油や糖の量の話だと思いますよね。単一の味で調理する、ということはないにしてもやはり自分の好みの味に偏りがちです。なるべく意識して、5つの味が食卓にのぼるようにしたいもの。特に小さいお子さんは甘味ばかりが好きだったり、男性は酸味と苦みがあまり箸にとらなかったり、偏りはどでがちですよね。一緒に暮らすご家族の体調管理のためにも、食材の味も少し考慮に入れてみてください。

中医学:月経周期と漢方薬

生理の不調といえば生理痛。最近では副作用も少なく、効果の高い痛み止めが出回るようになりました。

 

ただ、残念ながら月経の根本的な苦痛が減ったかというとそんなに単純ではなさそうです。日常的なストレスや、冷たい飲食物、運動不足や低栄養など、様々な原因で女性の体調不良は一昔前より回復が悪いケースが多く、また痛みだけではなく病態も複雑化しているのだとか。

 

月経は子供を授かるための体の準備です。命をつなぐ妊娠出産はまさに母体の命を削る作業。命のゆとりのなさは月経の不調という形で現れます。生理の苦痛、不調ははQOLの低下もそうですが、個人差があるので例え同性であってもその辛さが理解されにくかったりという悩みもあるようです。生理痛はないのが当たり前、という漢方家の先生もいらっしゃいます。我慢できるから…と放置せず、自分の体をチューニングするように、体調の変化に耳を傾けて欲しいと思います。

f:id:byakugodo:20190724173725j:image

子供を将来授かることを考えれば、なるべく自然な形で治療をしたいですよね。そういった思いから漢方の治療を選ぶ方も多いですね。

 

まず、月経周期は大きく分けて4つのステージに分けることができます。低温期、排卵期、高温期、そして月経期です。

 

低温期は生理終了後から1週間から10日の期間で、一般的に女性が体調も精神的にも最も調子がよい時期です。この期間は次の生理に向けて子宮内膜を厚くし、卵子を育てなくてはなりません。

 

中医学では陰陽の概念を大切にしますが、この低温期は陰にあたります。陰に属する時間帯である夜間にゆっくり休息をとることはとても大切です。

 

基礎体温をきちんと測っている場合は、低温期は36℃から36.4℃を目安に安定しているかを確認しましょう。

 

この低温期の体温が高すぎる、低温期の期間が短すぎる場合、陰の不足と捉えます。漢方薬としては腎陰を補う基本処方である六味丸が使いやすいかと思います。より切れ味のよい効果を求めるのなら動物性生薬の亀の甲板、阿膠、紫河車(プラセンタ)などを使用します。

 

冬が深まれば自然と春になるように、陰が極まれば自然と陽に移行します。同様に、低温期の子宮内膜、卵子の成長が不十分だと当然そのあとの排卵、着床のステップはうまくいきません。不妊治療をされる先生の中には低温期に集中して陰を補給するようにします。

 

次の排卵期。低温期でしっかり陰に入れば排卵期はメリハリよく体温が上昇します(厳密には一旦下がって、また上昇します)。この体温上昇は1〜3日、できれば2日ほどで理想的上がるのが理想的です。ここがダラダラと長引く、という場合は陰から陽への切り替えにがうまくいかないケースです。このような場合や、排卵痛がある場合は肝気の乱れが原因として考えられます。逍遥散は比較的穏やかな肝気の乱れを整える薬です。肝気の鬱滞をほぐしとる疏肝の効果に加え、胃腸を整える健脾、肝気の行き過ぎを抑える養血効果を合わせて持つため虚した病態にも使いやすい方剤です。頭痛や、脇腹の張った感じなどが続く方は全周期通して服用していただくのがいいでしょう。

 

乾燥した陰虚症状が強ければ滋陰至宝湯も良いですし、イライラ、のぼせ、めまい、頭痛など心火をもつ場合は女神散も有効です。

 

生理の周期がまばらな生理不順もまた肝気の乱れの結果であることが多いようです。その場合もここで紹介した逍遥散、滋陰至宝湯、女神散などを全周期で服用する方法があります。

 

この排卵期はおりものが増えるのが一般的です。精子が子宮内を泳ぎやすくするためですね。ですから下着に多少の汚れが目立つのは当然です、またそれが少ないようだとこれもまた陰の不足が考えられます。低温期のときにもう少し手厚く補陰する必要がありそうです。

 

排卵期の後、12日から14日が高温期です。排卵後の黄体からの黄体ホルモンにより体温が上昇し、卵子が着床しやすくなります。この時、低温期から+0.4℃が目安ですが、36.6〜36.8℃が理想です。

 

まず、ここで体温が低すぎる場合にはやはり体の陽気の元となる補腎陽が大切になります。八味丸などは腎陰陽両方を補うため使いやすい方剤ですし、切れ味を求めるなら鹿茸製剤が優秀です。

 

妊娠中の赤ちゃんにとって冷えは命の危険に繋がります。赤ちゃんは子宮が冷えていると暖かいお母さんの心臓の側に手をできるだけ伸ばして、体を温めるのだそう。その結果逆子になってしまうケースもあります。高温期もそうですが、全周期で体温が低いケースも補陽、もしくは補血が肝腎になります。

 

高温期はまた、排卵期同様気の流れにも負担がかかります。自由に広がることを特徴とする気が無理やり生理のために子宮に集められので、体の余裕のなさが出やすくなります。その結果とイライラ、頭痛などのPMS症状が出やすくなります。こういった不調が出やすい方は排卵期から高温期、生理はじめまでは疏肝剤を服用することがよいでしょう。

 

高温期が終われば次は生理期。煩わしいですが、不要になった子宮内膜を掃除し、次の周期に備える大切な期間です。短すぎず長すぎず、5〜7日が理想的です。

 

痛みに悩まされている方も多いのではないでしょうか。この期間は普段より無理せず、冷飲食を避けるようにしましょう。痛みが多い方では血液の流れが悪いことが多いようですので、シャワーで済ませず、半身浴などで下肢をよく温めましょう。整理中、オーガニックコットンや布でできたナプキンがおススメです。体が冷えにくい、と言われていますが、その効果は科学的な根拠はないとか。ただ、肌ストレスが減るだけでも快適度は上がります。

 

この時期の不調はやはり1番は生理痛ですね。基本は瘀血が原因になったいることが多く、活血剤を使うことが多いです。桂枝茯苓丸は比較的平性で使いやすいですね。便秘があるようなら活血の力が強い蘇木を使った通導散もいいです。また、活血のみではなく、気鬱痛みのもとになります、はり感のある頭痛、腹痛、脇腹の痛みなどあれば上で上げたような疏肝剤を使うと良いようです。

 

生理終わりがけに頭痛、ふらつき、気分の落ち込みなどの不調が出る方がいます。この場合は血虚の不調です。四物湯が入った血府逐瘀丸や婦人宝、十全大補湯など付随する症状に応じて選択するようになります。

 

全周期を通して女性の体の不調に適応範囲が広い方剤が婦人宝。四物湯と四君子湯を基礎に黄耆と阿膠を加えた方剤です。特徴は四物湯に含まれる当帰の割合が圧倒的に多いという点。当帰は“調経”作用があり、ホルモンバランスの乱れを整える効果があります。当帰は補血薬のとしてのイメージが強いですが、補血よりも、特に肝の領域の気と血の流れを強く効果がある、陰よりどちらかというと陽への働きが強くあります。さらに阿膠を加えていることから陰の補充と、月経過多、貧血の予防を意識していると考えられます。また、血虚傾向の人が抱えがちな脾の弱さに対する配慮が四君子湯です。黄耆も上向き、外向きに気の流れを作るのでこちらも流れに対する配慮ですね。脾虚のような血の生成工場が弱い素体、肝鬱のような気血の流れが滞っている素体に対して、単に地黄、阿膠など腎陰の材料となる素材を入れると、滞りや虚が逆に目立つ結果になります。その点、大きな虚がなければ婦宝のような方剤は守備範囲が広く、使いやすい方剤です。病名で漢方を処方すること自体は反省しないといけないところが多いのですが、選択肢として持っておきたい内容です。

 

女性の体調はその本人がもともと持っている体質的な部分と、周期の中でどんな状態であるかが複雑に絡み合ってきます。また、生理のとききの体調に関する情報で、直接生理と関わりのない病態の治療であっても本人の体調の弱点を知ることができます。月経周期でゆらぐ女性の体のバイオリズムを掴むのに本項が役に立てば幸いです。