中医学:津液の役割

3部作、気血津液の第3部、津液の働きです。

 

津液とはつまり体の中にある水です。昨日のブログでお話しした「血の役割」の中で、気は陽、血は陰とお話ししました。津液はその中間と言えます。

f:id:byakugodo:20190626105400j:image

 

津液は細かくいうと津と液の2つの総称です。津も液もどちらも水ですが、水の中のより陽の側面が津、より陰の側面が液というわけです。

 

津は気とともに行動する水、水蒸気のようなものです。気と同様に身体中のどこにでも存在します。津の特徴は

  • さらさらして動きがよい
  • 澄んでいる
  • 流動性が高い

目や鼻などの粘液や汗は津に当たります。作用はそれぞれの部位に養分を与え、潤すことが主です。

 

一方、液は血に近く、津より液体というよりもはっきりした形を持ちます。基本体外に漏れ出ることがない、コンドロイチンやコラーゲン、ムコ多糖類が液に当たります。液の特徴は

  • ドロドロしている(むしろゼリー状のイメージ)
  • 濁っている
  • 流動性が低い

関節の動きをスムーズにしたり、髄や骨、脳など体の深部を潤す役割を持ちます。

 

津液に関して、血内の血漿成分が液、細胞外液が津という区別で解説することもできます。

 

この津と液の関係は明確に線引きできるものではありません。それは例えれば今日から春が夏になった!と言えないようなものです(暦の上では言えますが)。津と液は互いにつながりを持ち、連携をしています。そういう意味では気と血、津液の全てが切り離した存在ではなくそれぞれがつながり、変化し合っている関係を持っていると言えます。

気⇆津⇆液⇆血

 

津液の生成は2つのルートからなります。1つ目は腎陰に蓄えられていた先天の素材です。この腎陰を腎陽で解凍して動きをよくして体内を循環させます。

 

2つ目は後天の素材です。後天の素材とは飲食物で、その消化吸収は脾の力で支配されます。食物を消化、腐熟させたものを胃、小腸、大腸の順で吸収する考えます(西洋医学では胃からの吸収ほとんどないので、考え方の原則と思ってください)。胃から吸収されるものが最も陰陽が凝縮される“精微物質”、この中で最も陽が濃厚な部分が気になり、最も陰が濃厚な部分が血になります※。そして、小腸から吸収されるものが「液」、大腸から吸収されるものが「津」です。※紛ら差しいのですが、精微物質の中にも津液は含まれているとの考えもあります。

 

食物として摂取したタンパク質は一旦アミノ酸に分解され、それらを再び新しくつなぎ合わせて私たちの体の一部となります。このように胃腸から吸収された津液もただそのままでは体に有用なものではありません。吸収された津液を体内で使えるような形に再合成する働きは脾が受け持っています。

 

次に津液の生体内での働きをご紹介します。

 

まず最初に、養分として身体中を潤す存在。皮膚、筋肉、目、鼻、口、耳、性器など体の比較的表面で角部分を潤す役割。そして、脳や髄、臓腑など体の内部を潤す存在。そして関節を潤存在です。最後の関節に関しては「滑利関節」という関節の動きを滑らかに保つ存在です。他の部分を滋潤する作用は血の働きとオーバーラップするところもありますが、この滑利関節は津液特有の役割です。

 

次に、津液は血の材料となります。血の後天の素材による生成のされ方の1つに血は津液という陰と、営気という陽が融合させるというものがあります。この融合物が心の陽気によってエネルギーが吹き込まれ、さらに肺によって清気を吹き込まれ、血としての働きを完成させます。体を滋潤するという働きが血と津液で大きくオーバーラップをするのはこの点が大きく関わると思います。

 

乾燥肌という症状に対して、津液を補充するか血を補充するかどちらのアプローチをとるか迷うところがあります。ここからは私の見解ですが、汗腺や皮脂の分泌が関わるケースは津液、コラーゲン生成など皮膚構造に関わるものは血の影響ではないかと考えています。津液である細胞外液や血漿成分はナトリウムやカリウムなどのミネラルに影響をうけ、腎と肺によりコントロールされることと一致するように思います。また、血は亜鉛や鉄など皮膚の合成する役割を持つミネラルにより調整され、脾の支配が大きいことも納得できるように感じます。

 

次に重要な役割としては体内の陰陽バランスを調整する点です。中医学では人体は水冷式と考えています。生命活動を行うに当たって、人間は熱を発生させることが必要になります。パソコンが稼働することで熱を溜め込むように、私たちの体も熱を発生させます。体内の津液が不足していると冷却システムが働かず、ほてりや熱感などの症状が現れます。逆に陽の気が弱い冬場は水分が体に過剰だと冷えの原因になるため汗ではなく尿という形で体の外に逃がします。このように津液の代謝で陰と陽のバランスを保つようになっています。

 

最後に、熱病への抵抗力としての津液です。皮膚、口内、鼻腔、肺、胃などあらゆる体表面は津液によって守られています。これは例えば水で湿った木が燃えにくいように、感染症による熱病への抵抗力となります。勢いの強い熱病では津液が傷ついた「傷津」と言い、津液が焼き尽くされることがあるので補陰(津液の補充)が必要となりますし、もともと津液の不足した状態(陰虚)だと弱い邪気も入りやすいため空咳やのどの乾燥など症状などが出やすくなります。

 

津液は体内のあらゆる水分の源となります。この視点に沿って考えると「津液鏈」(津液連鎖)という津液の整体観が生まれます。津液鏈とはあまり細かな言葉の定義にとらわれすぎず、体内の液体は全て同じ源からできている連携関係にあるという大きな捉え方です。

 

ここまで説明を読んで、結局あまり区別はない!?みたいな中医学を学んでいるといつもちょっと適当な注釈が入ってきます。本当の深い理解は症例に触って自分なりのイメージを組み立てるしか無いようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です