中医学:脾の役割

今回は脾の役割。

 

脾は土に例えられます。飲食物の分解、消化をつかさどる脾は体内で体が成長するための物理的なエネルギーを与えてくれる、土のような存在。私たちの生命活動の元になるエネルギーの供給源です。

 

f:id:byakugodo:20190701233230j:plain

OFFさんによる写真ACからの写真

 

前回までご紹介した心と肺が上焦(体の上部)に属するとすれば、脾は中焦( へその下、横隔膜の上)に位置します。

 

中医学の世界の脾は解剖学的な脾臓とかなりかけ離れています。解剖学的な脾臓は古くなった血液の処分や貯蔵をになったり、免疫を調整したりします。脾は消化、吸収、場合によっては肝臓が受け持つ解毒の作用まで含めて飲食物から栄養を取り出すことを主な役割とします。

 

脾の働きは次のように記述されています。

  • 脾は運化を受け持つ
  • 脾は帰結を生み出す元
  • 脾気は昇をつかさどる
  • 脾は統血をつかさどる
  • 脾は体に在っては肌肉を合す
  • 脾は四肢をつかさどる
  • 脾は口に開竅し、その液は涎 

 

脾の「運化作用」は脾の働きの中でも最も大切なものです。運化は運んで、変化を与えること。これは単に飲食物を消化、吸収する、というだけでなく、そこから得られたエネルギーを体全体に運ぶことまで含めます。食物を胃から腸へ順に送る蠕動運動と、消化液による分解、さらに吸収して、肝臓で解毒をするところまで含まれるようです。

 

飲食物からのエネルギーを抽出してさらに全身に運ぶことを“運化水穀”、水分の吸収とその水分の全身の流れを調整することを“運化水液”といいます。

 

この“全身に運ぶ・全体の流れを調整する”ということに、気血津液の生成は大きく影響します。脾から取り入れられる水穀や水は肺や心で気と交わり生体に活動力を与える気血津液に化生されます。脾の働きが不十分、ということはその気血津液全てが不足することになります。

 

気が不足すると倦怠感、疲れやすさ、食欲不振など、血が不足するとめまい、生理不順、顔色が白いなどの症状として現れます。

 

すべての植物は土が悪ければ育ちません。飲食物から得られるエネルギーを抽出する脾の働きは土と同様すべての臓器のエネルギーの根本になります。この脾の重要性に特化した学説があります。それが李東垣が提唱した脾胃論です。李東垣は「脾胃を内傷すると百病が生じる」と唱えました。五行では5つの臓器が平等に助け合う関係を説きますが、脾胃論ではあえて脾が中央で、他の4つを従えているという構図で生体内構造を解釈します。後に温補・補土(土を守る)派などと呼ばれ、新しい視点を中医学に与えました。

 

 次は「脾気は昇をつかさどる」について。

 

脾の気は清いものを上にあげる、という性質があります。そして作用反作用の法則と同じように、汚いものは下に下ろします。ここでいう清いというのは“役に立つ”、汚いというのは“役に立たない”もののことです。脾は直属の部下として胃を従えています。脾は体の役にたつ水穀の精、飲食物から得られたエネルギーを上に持ち上げ、肺や心の気と交わらせ気や血を体循環に送り込みます。部下である胃は、水穀の精を脾に託して残渣を汚物として下に下ろします。この胃による不要物を下におろす働きを降濁といいます。

 

脾の昇をつかさどる働きがうまくいかないと、上焦にエネルギーが不足してめまいや意識がはっきりしないなど、上部の虚症状が強く現れます。そして胃の降濁がうまくいかないと胃もたれ、ゲップなどの実症状が現れます。

 

脾と胃の関係、というのは陰陽をよく表していると思います。断捨離ということばがありますが、まさにエネルギーを入れるために、捨てる役割が必要になる関係です。

 

“脾気が昇をつかさどる”はもう一つ、大切なことを表しています。それは内蔵をあるべきはずの場所にとどめておくということ。肺の宣発のように内から外へものを運ぶ体内のエネルギーの流れや、重力など下に引っ張る力が拮抗する中、脾の昇をつかさどる力が五臓六腑があるべき正しい場所に位置を留めるため、それらが正常に機能することができます。この脾気が弱くなると脱肛、胃下垂、子宮脱など、臓器が下に下がる症状が現れることがあります。

 

この脾の力は本当に侮れません。友人の奥様ですが、かなり危険な早産のリスクがありました。そこで脾気を高め、特に脾の昇提(持ち上げる)作用を持つ捕中益気湯を服用することで予定日通り出産され、元気な女の子に恵まれました。

 

次のお話。“脾は統血をつかさどる”これは脾の力を持ってして血液が血脈からもれでることがないようにコントロールしている、という記述です。脾気が弱まり、統血できなくなると、皮下出血、血便、血尿、女性の不性器出血または月経過多などが現れます。

 

出血があるからなのかわかりませんが、この記述を読むと裏にあるのは鉄不足ではないかな、と感じます。胃腸が弱いと確かに鉄の吸収が妨げられ、皮下出血も起こりますし、脾が弱いと血の生成に不利であることはよく知られたことです。鉄、というとヘモグロビンと思いがちですが、ここはフェリチンですね。鉄と血、脾の関係は無視できないのでまた回を改めてお話したいです。

 

“脾は体に在って肌肉を合す”といわれています。これは脾の力が肌肉を育てる、ということを示しています。次の記述“脾は四肢をつかさどる”も大きな関係があります。

 

身の回りに食べても太らない、というやせ型タイプの方はいらっしゃいませんか?いくら食べても太らない、ときけば羨ましい気もしますが、実際はそれほど食べることはできなかったり、痩せていても少し元気がなさそうなタイプ。こういう方は脾が弱い方が多く、脾の働きが弱いため食事からの栄養をとることが不十分(食べても身にならないか、食べることができない)になりがちです。脾は筋肉のボリュームの面をつかさどります。脾から栄養がとれないと筋肉は痩せたまま、ということです。

 

また、脾は水の運化をつかさどる、というお話もしましたね。脾は体の中心部に存在します。そのため脾の気血、そして津液の流れが滞れば上肢、下肢への水分の配分、回収が滞ります。つまり体幹部ではなく、四肢のむくみが生じたような時は脾の運化機能が弱くなっている可能性が強いです。

 

”脾は口に開竅し、その液は涎”。脾は口と深い繋がりがあります・・・といってもでは、舌に開竅していた心は?と言いたくなるところ。心は口の中で色やカサカサ感など見た目に影響し、一方で脾は味覚、食欲など感覚的なものに大きく影響します。脾の調子が悪いと口がベタベタする、甘く感じるなど味覚異常が現れやすくなります。

 

舌の見た目は心を表す…と言いましたがそれは舌に心が支配する血脈が多く集まっているから。脾と関係が深いのは色より舌のコケです。胃腸は食道をとおし、直接舌とつながっています。胃腸が疲れていると舌が白くコケに覆われたり、日毎時間ごとに胃腸の詳細な様子を教えてくれます。

 

中医学を学んでいると、本当に先人の観察力には驚かされることばかりです。脾は胃腸、細菌に覆わててバランスをとっていますが、それは地球上の土も同様です。そして、今腸内環境が乱れていると言われている時代に、大量の化学物質により土壌の最近のバランスも乱れ、食品の栄養素に大きな影響を及ぼしています。私たちの胃腸も以前の人類と大きく異なりますが、それと同じく、食べる食品も大きく異なる時代となりました。

 

このような現状を李東垣はなんとおっしゃり、どんな治療をされるのかな、と思うことがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です