栄養学:コレステロール3部作 問題編

動脈硬化のリスクを上げると言われるコレステロール。しかし、体内で重要な役割もたくさん担っています。 悪玉と言われるからといって単純に量を減らしてしまうと細胞に必要な栄養が行き届かず、何らかの不調の原因となります。

 

 実はコレステロールに悪玉、善玉のような種類があるわけではありません。

 

コレステロールは油に近い性質を持つため水に溶けません。そのため血液中を滞りなく流れるためには“乳化”という特別な状態をとるようになります。乳化とは油と水になじみやすい部分をもつ分子によって油成分が水に溶け込めるようになることです。

 

乳化に必要なのは細胞膜の材料になるリン脂質やタンパク質です。リン脂質やタンパク質は油と仲がいい親油基と、水と仲がいい親水基を持っています。この親油基を内側に、親水基を外側にして、複数のリン脂質でコレステロールのような油性ものを包み込みひとつの球体を作ります。そうして球体自体は水に溶けますが、内側に油性の物質を抱え込むことができるようになります。これがコレステロールが血中にとける理由です。同じ仕組みで、中性脂肪脂溶性のビタミンもこの乳化によって血中に溶けて、運ばれていきます。

 

このリン脂質とタンパク質でできた球体にのってコレステロールは運ばれていきます。このコレステロールを乗せた球体のなかで、体の細胞隅々にコレステロールを運び、受け渡しをするものが悪玉コレステロールと呼ばれます。また、同じくコレステロールを乗せた球体の中でも末梢の余っているコレステロールを回収するものが善玉コレステロールと呼ばれます。

 

繰り返しますが、末梢にコレステロールを運ぶからと言って悪玉コレステロールが悪いわけではありません。コレステロールはその抹消の細胞で必要な栄養だからです。問題はその末梢に届けられたコレステロールが何かのきっかけで本来の役割と外れたものに変性をしてしまうことです。

 

コレステロールを本来の役割を失わせ、さらに動脈硬化の原因とまでしてしまうきっかけ。それはコレステロールの“酸化”と“糖化”です。

 

酸化とはカラダのサビ、と説明されます。通常は細菌感染や初期のがん細胞など、私たちの健康を害する原因を除去するために必要なものですが、この酸化が必要以上に強く働いてしまうと正常な細胞にも傷をつけます。この酸化ストレスが引き起こすカラダの不調はわかっているだけでも、シミやシワ、うつ病アルツハイマー認知症、そして心疾患や動脈硬化です。

 

加えて、悪玉コテステロールに関しては“糖化”も気にしなくてはいけません。先ほどコレステロールはリン脂質とタンパク質で作られた乗り物に乗って運ばれる、とお話しました。“糖化”とはこの乗り物の構成成分であるタンパク質と血液中の糖質が結びついて、タンパク質が正常に機能しなくなることです。乗り物が壊れたコレステロールもまた、動脈硬化の原因となる悪玉なのです。

 

このコレステロールの酸化と糖化による悪玉化を防ぐため、私たちにできることを考えていきましょう。

 

まず酸化を避けること。過度の飲酒と喫煙は避けましょう。喫煙は特に控えるべきです。タバコを吸うことにより、顕著な酸化ストレスが発生し、それがコレステロールの酸化につながります。喫煙により血管疾患のリスクが高まるのはこの理由です。

 

酸化ストレスは環境の変化など、心理的なストレスが高まった時にも発生します。なるべくのんびりと、余裕をもてる状態を保つことも大切です。

 

酸化ストレスを打ち消す方法もあります。それはビタミンCやビタミンEなど、抗酸化作用をもつ栄養素をしっかりとること。

 

尿酸値の高値も要注意です。コレステロールが私たちの体に大切な役割を持つように、尿酸もまた役割があります。それは自前の抗酸化物質になるということです。ビタミンCやEなどを作り出すことができない私たちの体は酸化ストレスに対して尿酸で対応します。この尿酸が高い、ということは体内で酸化がおきているひとつの目安となります。尿酸そのものにコレステロールの酸化を促す効果はありませんが、尿酸が高いということは酸化ストレスが強くなっているひとつの指標として参考になります。

 

次に糖化ストレスについて。糖質はタンパク質と結びついてそのタンパク質を本来の役割ができないものにしてしまいます。この糖化は動脈硬化不妊や、認知症骨粗鬆症の原因にもなります。

 

糖化ストレスを防ぐためには、もちろん糖質の食べ過ぎを防ぐことです。コレステロールの高値だけなら大丈夫ですが、血糖値の高さも同時に指摘を受けていたら危険です。甘いものは避け、丼もの麺モノなど糖質の多い食事も避けたほうがいいでしょう。

 

また、肥満も注意が必要になります。肥満とは脂肪細胞が余分な糖質を食べ過ぎて膨らんだ状態になったこと。脂肪細胞は脂肪をため込むもの、と思われがちですが実はこちらも他に役割があります。それは代謝に関係するホルモンを分泌する、ということです。脂肪細胞が脂肪を蓄えて膨らむと、コレステロールの糖化を促すホルモンが多く分泌されるため、より動脈硬化が進行します。そのため、肥満体型、特に内臓脂肪が多い方はやはり少しダイエットの必要があります。

 

ちなみに、コレステロールは悪玉コレステロール(LDL)として140mg/dl以上が脂質異常症と診断を受けます。しかし、実際総コレステロールにして200~220mg/dlの人と180mg/dl未満の人を比較して死亡率、ガンの発生率ともに後者が高いというデータが取れられているようです。

 

以上よりコレステロールは量より質が大切であることが言えます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です