中医学:四逆散

昨日は月経周期と漢方薬のお話をしました。月経周期だけではなく、私たちの体はさまざまなシグナルを送りあって絶妙な連携をとりながら正常に機能します。その連携をスムーズに進めるのが肝の疏泄作用です。

 

四逆散の名前は“四肢厥逆”から 。手足に気血が通わず冷えがある状態です。全身が冷えているわけではなく、体幹部はむしろほてるのに、手足は冷たいという状態が四逆散の典型症状です。よく、外は冷たくても中は暖かい魔法瓶のような人、という表現をすることがあります。この火照りと冷えの偏りを大きくかき回してとるのが四逆散で、方剤としては似た名前ですが陽虚の四逆湯や血虚寒滞の当帰四逆湯とは全く内容が異なりますので注意しましょう。

 

効能は疏肝理脾.清熱通鬱、主治は肝鬱脾滞.熱厥です。

 

構成生薬はシンプルに4味。

  • 柴胡 6g
  • 枳実 6g
  • 芍薬 6g
  • 炙甘草 6g

 

まず四逆散が適応となる肝鬱症状とはどんなものでしょうか。肝気が鬱滞することで気の流れが乱れて、手足に陽気が流れず、冷えが現れます。また、両脇、胃幹部、腹部、時に頭部に痛みが生じます。気滞による痛みは脹痛感(突っ張った、張った感じ)があり、どこが痛むのか具体的にはわからない、さらにイライラするなど、情緒の影響で悪化します。また陽気が体内で滞っているため、イライラしやすく、熱感がこもります。

 

また肝鬱状態は少なからず脾に影響を与えます。脾が吸収した精を昇清し、それを肝の疏泄でさらに全身に巡らせるため、肝脾の連携ができていないと脾胃の運化機能が落ちて食欲不振や下痢、あるいは便秘の症状が現れやすくなります。簡単に言えばストレスが強くて食欲が落ちる、緊張して下痢になるという状態です。

 

熱がこもるので舌は赤、苔は黄色。脈は緊張した状態を示す弦脈となります。これが四逆散が目標となる肝鬱脾滞の適応症状です。

 

 構成する生薬のうち、柴胡が主薬です。柴胡は肝鬱治療の代表生薬で、気を上昇させる、外側に発散させる効能があります。

 

この柴胡によって昇った気を下に降ろすのが枳実の役割です。これにより一昇一降の気の流れができます。

 

枳実はミカン科酸橙の幼果。気をめぐる作用は一般的にいう行気よりも強い気作用があり、柴胡とともに力強く気を巡らせる。

 

一方、方々に散らせる柴胡ともう一つペアになるのが収斂の芍薬です。柴胡は気を巡らせますが、強い風のイメージと同じで乾燥を招きます。その柴胡の燥性を和らげるのが芍薬です。  

 

『柴胡は肝陰を盗む』、と言われているため柴胡を含む方剤は芍薬を合してバランスを保ちます。

 

四逆散は外側は寒く、中は暑い魔法瓶のような熱の偏りを上から下へ、下から上へ、内から外へ、外から中へと熱の偏りをかき回す処方です。

 

四逆散は方剤中に芍薬甘草湯が含まれます。これも大切なポイントで、気血の滞りによる、筋のこわばりにはよく効きます。同様に筋肉がつぱったような痛みには全般的によく効果があり、場合によっては生理痛などにも効果があります。

 

肝鬱傾向であれば四逆散は第一選択であってもおかしくないですが、気血は虚している状態で動かすと逆にひどい消耗になります。臨床では逍遥散や補中益気湯のように、隠陽の不足に配慮しながら気を動かす必要があります。

 

しかし、肝鬱の処方として四逆散は抑えておくと応用の効く方剤の一つです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です