中医学:六腑

五臓六腑にしみわたる・・・のような表現を聞いたことがあるのではないでしょうか?お腹がすいたときに滋養のあるものを食べてしみじみ言う言葉です。

実際しみわたるのは五臓ではなく六腑の方ですね。というのも、六腑はまさに飲食・膵液の通り道です。人間は「複雑な形のちくわ」と言った方がいますが、実際私たちの体はちくわ同様、口から肛門まで続く長い管が体の中央を通っています。このちくわの穴が六腑、消化器官です。六腑の役割は飲食物の腐熟・消化と糟粕(栄養素とならない食べ物のかす)を体外に送り出すこと。直接飲食物とは接しない五臓と反対に六腑は”実すれど満たすことあたわず”と言われ、飲食物で一杯になることはあっても気血が満ちることはありません。

六腑は胆・胃・大腸・小腸・膀胱・三焦のこと。それぞれの役割を述べていきます。

まず、肝の裏と言われる胆。胆は胆汁の貯蔵と排泄・決断を主ると言われます。

胆汁は肝で生成され、それが胆に貯蔵され、必要に応じて小腸に排泄されて脾胃の消化機能を助けます。胆は肝の疏泄の力を借りて胆汁を排泄するので、肝の調子が悪ければ胆汁の排泄も十分に行えず、消化力が落ちてしまいます。脇下にはり感や痛み、食欲減退、口が苦く、黄緑色の消化液を吐く「胆汁上逆」、黄疸が発生する「胆汁外溢」などが起こることがあります。

肝が巡らせた考えを胆が決断を下す、肝胆は精神意識の活動をコントロールします。「肝っ玉が大きい」などの言葉から胆は心の落ち着きにとても影響します。また、びくびくして過ごすと胆の病気を発症しやすくなります。

次に脾の裏である胃です。胃は水穀の受納・腐熟を主り、通降を主る、降をもって和とするというのが特徴です。

胃は水穀の海と称され、飲食物の腐熟・消化をし、さらに下の小腸に伝えます。この消化によって飲食物を下に送ることが胃の役割であり、逆に、ここで得た水穀の精微(飲食物から得られたエネルギ-)は脾気によって上昇に上げられます。

水穀の海である胃はあくまで通過点です。次ぐ小腸、大腸に降濁する地震の通降作用を持つため、「降をもって和とする」と言われます。胃の通降作用が失調すると食欲が落ちたり、口臭がでる、大便がでないなどの症状が出やすくなります。また胃気上逆になると酸っぱい匂いのするゲップが出たり、悪心、嘔吐、しゃっくりなどが現れます。

小腸は心の裏です。その役割は受盛の官、化物が出るところ、そして清濁の泌別を主ります。

小腸は胃から送られてきた水穀の消化をさらに進め(化物)、消化物の清濁を分別します。生体のエネルギーとなる清は脾の働きで全身に運ばれ、糟粕は大腸に、余分な水液は膀胱に至り排泄されます。

大腸は肺の裏です。大腸の主な役割は糟粕の伝下を主ることです。

大腸では小腸から伝えられた糟粕をさらに必要な水分を吸収し、大便を形成し肛門から排泄します。胃の降濁作用も受けていますが、このとき肺の粛降作用も大きく影響します。腎は二便(大便と尿)を主ると言いますが、最後にこの肛門の開閉は便の働きで行われます。

次に腎の裏膀胱です。あまりイメージと違和感なく、膀胱は排尿と貯尿がその生理作用です。

肺、脾、腎、三焦によって全身に散布された水液は各組織で利用され、最後には膀胱に達して尿に変えられ、体外に排泄されます。この膀胱の機能が失調すると小便不利(排尿困難)や癃閉(排尿障害・尿閉)などの症状が現れるようになります。

最後に三焦。これはどの五臓にも属さず、胸腹部を占める大腑です。体内のさまざまな気を取り仕切り、全身の気機と機か作用を統轄します。そして水液運行の通路でもあります。

上焦、中焦、下焦と3部に分かれます。

上焦は横隔膜より上で、気の昇発、宣散を主ります。

中焦は横隔膜から臍の間です。脾胃の運化を助け、気血津液を化生します。昇降の要、気血生化の源と言われています。

下焦は臍よりしたの小腸、大腸、膀胱などの臓器です。主な機能は糟粕と尿液の排泄です。

三焦は気化が行われる場所で、気が昇降する通路であり、水液が昇降する通路でもあります。

六腑は一時的にものが満ち足りても、それがからになることが正常です。そのため五臓と比較し、ものがつまった”実”の状態の病が多いようです。

One Reply to “中医学:六腑”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です