中医学:六淫・風邪

六淫は本来私たちの体に正気を与えるはずの自然の正気が、なんらかの理由で邪気に変化し、病気の原因となるものです。

今回は風について。

風は軽やかで、上にのぼる性質があります。自然界の正気である風もそうですし、それが邪気となった風邪も同じです。

年間通して風が吹くように、正気の風も風邪も一年を通して私たちの体に影響を与えています(ただし、一番影響力が強いのは春です)。そしてその軽やかさから、特に他の邪気と組んで人体に影響を与えます。風邪は主に皮毛から人体に侵入し、体のバリアシステムをダウンさせて、病気を発症させます。

風邪の性質と発病の特徴を見ていきましょう。

  1. 風は陽邪、その性は開泄、上部を侵しやすい
    風は陽邪、つまりよく動く邪気です。一つの箇所にとどまらず、次々と場所を変えて症状を現します。また、特に上焦に影響を与えやすく、頭痛、鼻づまり、咽喉の痛みや痒みなどを起こします。また、体の表面の固摂力を低下させ、皮膚腠理が開くため、汗として津液、熱として気が体外へ流出しやすくなります。
  2. 風はよくめぐり、しばしば変ず
    皮膚病疾患に多いように思います。風邪による病態はよく部位を変え、さらに時間によって出たり現れたりします。さらに蕁麻疹に代表されるような急に現れ、すぐに消えるような変化が早いものも風邪の特徴です。
  3. 風は百病の長
    風邪は六淫の中でもっとも他の邪気と組み合わさって状態を悪くすることが多いです。例えば、寒・湿・燥・熱などと合併し、風寒・風湿・風燥・風熱などです。このため風邪は多くの病の先導者、という意味で百病の長と言われます。
  4. 風は動きやすい
    風は動きやすい、という特徴から風邪に侵された病態は肢体に異常運動や硬直が見られます。例えば、四肢の痙攣・顔面まひなどです。強風でカタカタと何かものが鳴るようなイメージでしょうか。熱性痙攣やリウマチなども風邪の症状と考えられています。

この4つが風邪の性質です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です