中医学:六淫・寒邪

次に紹介する邪気は“寒邪”です。もちろん、気温が低くなる冬季に猛威をふるう邪気です。しかし、他の季節であっても雨に濡れたり、汗をかいたり、現代病としてはクーラーの影響や冷飲食によっても寒邪を受けることがあります。

寒邪を感受すると外寒病証を患ことが多いです、いわゆる風邪です。しかし、この寒邪を散らすことができない場合、徐々に体の内側に入りこみ陽気を傷つけ、内感病証になることもあります。

寒邪の性質と発病の特徴です。

寒は陰邪、陽気を損傷しやすい。
寒邪は風邪と異なり、陰邪です。陽邪である風邪がさまざま形や場所を変えて症状が現れる様子と異なり、陰邪である寒邪は一度罹患したらその場所にじっと留まります。また、寒邪を受けると陽気を損傷しやすく、温煦作用と気化作用が失調すると寒邪を追い出すことができなくなります。また、寒邪が鬱滞すると悪寒や悪風が現れます。
一般に寒邪は外感病証、いわゆる風邪が多いですが、臓腑を直に襲撃することもあります。冷たいものの食べ過ぎで起きる脾胃への直中は誰しも経験があるのではないでしょうか。こいったケースはたとえば脘腹冷痛、嘔吐、腹瀉が起きます。心や腎が寒邪に襲われると陽気を損なうため心腎陽衰、温運無力となり、四肢の冷えや下痢などの症状が現れます。

寒の凝滞性
感覚的にもわかりやすいと思いますが、寒はものをぎゅっと縮こませる性質があります。寒いと体が硬くなる、その感覚のままですね。
具体的には寒邪は気血、津液の流れを凝集し、滞らせて、そのスムーズな流れを失調させます。中医学では「通せざれば痛む」といわれ、滞りがあれば痛みが生じます。お風呂に入ると楽になる痛みは寒邪による凝集性で、気血の流れが阻害された結果といえます。生理痛など、温めれば治る痛みのケースはそのため温経湯などの温め作用が強く、血の凝集をなくすような方剤が使われます。

寒の吸引性
凝集作用に似ていますが、寒は気血を封じ込める作用があります。例えば寒邪を感受すると腠理が収縮して、無汗となります。寒邪が血脈に留まると、気血が凝滞し、頭部や体の痛みとなります。これが葛根湯などによって効果が出る気血の凝集による筋脈の痛みです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です