中医学:六淫・暑邪

今まさに猛威を振るっているのが暑邪です。暑邪は季節性が強く、夏至から立秋の夏の盛りに現れます。季節性が強く、外からの襲来であるため外感病邪となりますが、内生の病証の原因となることはありません。

暑邪の性質と発病の特徴

暑邪は陽邪、その性は炎熱
暑は夏の盛りに極まり、火熱の気から生じるものです。暑は陽邪であり、炎熱の特性があります。暑邪によって起こる症状は、高熱・顔が赤い・大汗・煩渇・脈洪大などの熱症状が主になります。

脈洪大とは、大きく押し寄せる波のような脈のことです。「来盛去衰」などと言われますが、来る時は力強く、去る時の力はそれに比べて強さがない脈です。このような脈証は体に陽気が満ち溢れているということですが、あくまで病的な脈の場合では、邪盛正虚の邪気が強く正気が憔悴しているので注意が必要です。

その性は昇散、気・津液を損傷しやすい
暑邪は陽邪ですから上に昇る、外に散らすという特性があります。この特性のため暑邪を感受すると腠理が開き、汗となって気・津液が外に漏れ出ていき、度がすぎると気津両傷となります。身熱・多汗・口渇・水分を飲みたがる・息切れ・脱力感などの症状が現れます。加えて、その昇散性から頭部である神を犯しやすく、ひどいときには熱中症に代表されるような突然倒れたり、意識消失やうわごとを言うような状態になります。暑邪は炎熱の気が強いため汗がなくとも津液が消耗し、口渇、不眠など乾きの症状がでやすくなりますので、常に津液の状態にも気を配る必要があります。

湿邪を伴いやすい
暑邪が猛威を振るう夏季は熱同様湿も高くなります。そのため暑邪は単体ではなく湿邪と 複合して体に侵入します。湿がからむと脾胃への影響が強く現れ、四肢の倦怠感や胸焼け、吐き気や下痢などの湿の停滞の症状も複合して現れます。

暑邪によって引き起こされる病証

一般的に風邪は冬季にはやり、外感病邪である風熱や風寒と捉えることが多いです。しかし夏の風邪は暑邪によるものが多いため通常風邪に用いるような辛温解表や辛涼解表の治法では的外れとなります。
夏の風邪では暑邪と湿邪が絡んだ暑湿証が多く見られます。体が熱く、やや悪風(風寒に比べて程度が低い)体がだるくて重い、胸のつかえに加え、やや発汗、頭が重くて痛むなどの症状が現れます。これは湿邪が体表の衛営を乱し、肺気の宣発粛降が衰え、さらに中焦まで阻害するため、脾胃にも症状が現れます。こう言ったケースでは熱を冷まして湿を除く清暑祛湿薬が適応となります。

また、中焦に暑邪が襲撃するとこちらも湿をあいまって脾胃の気を損傷、胃腸の伝導、運化機能が失調します。激しい下痢、腹痛などが強い場合清熱利湿薬を用いて治療します。

暑邪の病証といえば、中暑、熱中症が代表です。強烈な日差しや高温下での運動などを長時間行うと体が熱く、大量の発汗、口渇、また頭部を犯し煩躁のような症状が出ることがあります。こういったケースでは熱を冷まして津液を補充する清熱生津の治法が当てはまります。また、大量の発汗などで暑邪が気陰を消耗すると、無気力や食欲不振など気虚症状が強くなることがあります。こういったときは気と津液を両方補充するような益気生津の処方が適しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です