中医学:六淫・湿邪

 季節は一般的に春夏秋冬の4つとされますが、陰陽五行説を重んじている中医学ではもう一つ季節を追加しています。それが長夏、といわれる高温多湿、むしむしと暑い時期です。本来中国では夏と秋をつなぐ時期が長夏と言われていますが、日本の気候では湿気が最も盛んな梅雨時期を長夏と捉えています。この長夏に猛威を振るうのが湿によって傷害される湿邪です。湿邪は、気候だけではなく、雨に濡れたり、地下など湿気が強いところいるなどの原因で感受することがあります。梅雨時、夏のむしむし暑い時期は下痢になりやすい、食欲が落ちやすいなど脾胃の症状がよく現れますよね。湿邪は脾の運化機能を失調させ、湿濁内生を引き起こします。

湿邪の性質と発病の特徴

湿は陰邪、気機を阻害しやすく脾胃の陽気を損傷しやすい
 湿は水の性質を持ち、陰邪に属します。そのため陰盛の時は陽気を損傷しやすく、特に脾陽を閉じ込めます。湿邪が臓器経絡に滞ると気機 (気の昇降出入運動) を阻害しやすく、湿阻気機証を引き起こします。代表的な症状は胸脘痞悶・頭身困重・下痢・小便混濁・舌苔粘膩などが現れます。
 特に湿邪によって脾陽を損傷すると、脾陽不振・運化無力となり、脾胃に水質が停滞し下痢・尿少・腹水・水腫などの症状が生じます。

湿の重濁性
 湿には重濁性が強いという性質があります。重濁性の「重」は字のごとく重い、動きが悪い、ということを表しています。湿邪による気機阻滞の特徴は重だるさです。湿邪が肌表より侵入すると気血が滞り、頭や身体が重い、四肢がだるい、肌感覚がなくなる、関節疼痛などの症状が現れます(ちなみに、血瘀による痛みは刺すような痛みですので、湿と大きな違いがあります)。
 重濁の「濁」もまた、字のごとく汚い、という意味があります。湿邪を感受すると排泄物や分泌物が多く、ベタベタしたものが多くなります。例えば目やにが増える、湿疹からねばねばした浸出液が出る、便がべたべたする、小便が濁る、おりものが増える、粘るなどが現れます。

湿の粘滞性
 湿邪は粘膩性が強いため、分泌や排泄がスムーズにいかず、停滞しやすいという性質があります。また、湿邪による病態はしつこく、なかなか治らない、一時改善してもぶり返すことが多くあります。感染による胃腸症状、じゅくじゅくした湿疹などがこれに当たります。

下降しやすく、下部を侵しやすい
 湿は水と同じ特徴を持つため、その影響は下に降りやすく、特に下半身の症状に表れやすくなります。下半身に水がたまる浮腫や、淋症(頻尿・尿急迫・排尿痛・結石)や脚気、下痢などの症状が湿邪によって引き起こされることが多くあります。

湿邪によって引き起こされる病証

 湿熱の邪を感受することによって発症する外感疾患に湿温があります。湿温は発症は緩慢ですが、経過は長引いという湿邪の特徴を持ちます。例えば不適切な飲食(鮮度が落ちた食品など)で脾胃の運化機能が失調し、湿熱を感受して中焦を傷害します。腹部の痞えた感覚、脹満感、食欲不振、下痢などを引き起こします。湿と熱が同時に存在する病態には化湿清熱の治法がとられます。

 また、湿が脾陽を閉じ込めることで脾胃の気機を損傷すると湿盛困脾となり、結果心陽を傷害することがあります。症状としては頭が包まれるようなぼんやりした感覚、眠気がでる、四肢が重だるく、胸部と胃脘部に痞えが生じます。こういった場合は脾を元気にして湿を除く燥湿健脾の治法がとられます。

 また、脾腎陽虚によって湿濁が内蘊(ないうん・内に滞る)すると尿量が少なく、悪化すると尿閉に進行する関格となることがあります。顔色が黒くつやがなく、冷えや精神疲労、足のむくみや食欲不振、悪心嘔吐、泥状便などの症状が現れます。治法は脾腎を暖める温補脾腎に加えて湿を流し出す化湿降濁を行います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です